• 2018.5.27 萩生田光一自民党幹事長代行 宮崎市での講演で

    投稿 7月 15th, 2018

    「(0~2歳の乳幼児の子育てについて)お母さんたちに負担がいくことを前提とした社会制度で底上げする必要がある。『男女共同参画』『男も育児』だとか格好いいことを言っても、子どもにとっては迷惑な話。子供がお母さんと一緒にいられるような環境が必要。明確な統計はとれないが、どう考えても(0~2歳は)ママがいいに決まっている。0歳から『パパがいい』というのは変わっている。生後3~4ヶ月で赤の他人様に預けられることが本当に幸せなのか。保育園に1~2歳からでも入れる枠組みを作っていくことが大事だ。子育て中の母親については、仕事をしていない分類に入れるのがおかしい。世の中の人たちが期待している『子育て』という仕事をするお母さんたちをもう少しいたわってあげることも必要。」

  • 2018.5. 加藤寛治衆議院議員の発言(細田派会合で)

    投稿 7月 15th, 2018

    「私は結婚式(のあいさつ)では『ぜひとも3人以上、子どもを産み育ててほしい』という話をする。努力しても子供に恵まれない方に無理を言うのは酷だから、そういう方々のために必要なんですよ、と」「披露宴で若いお嬢さんに『まもなく結婚するんですね』と話しかけると、たまに『しません』という方がいる。その場合『老人ホームは誰が運営しているかわかりますか。若い方が働いて税金を納めて運営している。子供が産まれないと、人様の子供の税金で老人ホームに行くことになる』とたたみかける」とも話した。その後誤解を与えたとして発言を撤回。

  • 2018年4.~5 麻生太郎財務大臣の福田財務次官のセクハラについての一連の発言

    投稿 7月 15th, 2018

    4月17日「(被害女性)本人が(被害を)申し出なければ、そんなもんどうしようもない」「(セクハラをしたと)言われている人の立場も考えないと。福田の人権はなしってことですか?」(閣議後の会見で)

    4月24日「(福田氏が被害女性に)はめられて訴えられてるんじゃないかとか、世の中に意見もある。」(閣議後記者会見で)

    5月4日「『セクハラ罪』という罪はない」(マニラでの会見で)

    5月8日「(『セクハラ罪』が)あるかといったらない。事実を言っているだけ。」(閣議後会見で)

    5月11日午前「(福田氏がはめられた)可能性は否定できない。本当に事実かもしれない」

    「(個人としては)福田氏がないと言っている以上、あるとはなかなか言えない。」

    「財務相としては認めた。」(衆院財務金融委員会で)

    午後「はめられた」発言は撤回(同委員会)

  • 2018.4「週刊新潮」が福田淳一財務次官の女性記者に対する度重なるセクハラを報道

    投稿 7月 15th, 2018

    福田淳一財務次官は、「胸触っていい?」「手縛っていい?」「キスしていい?」などの発言をした。

  • 2015.10.9 菅官房長官の「たくさん産んでください」発言に抗議声明

    投稿 10月 13th, 2015

    「たくさん産んでください」と発言した菅官房長官。
    私たち公人の会は、妊娠・出産を国家への貢献として位置づけたことに対して、謝罪と発言の撤回を求める声明を、内閣府男女共同参画局に手渡し、必ず官邸に渡すようにプッシュしました。これは、「アイ女性会議」の呼びかけで実現したものです。

    菅義偉官房長官発言の謝罪と撤回を求める声明(2015.10.9)

  • 不採択 都議会性差別ヤジ問題調査委員会設置と都議会会議規則改正についての請願

    投稿 12月 2nd, 2014

    2014年11月21日(金)、東京都都議会運営委員会で、公人による性差別をなくす会が提出した「都議会性差別ヤジ問題調査委員会設置と都議会会議規則改正についての請願」他の審査が行われました。結果は不採択でした。
    生活者ネットの西崎光子さんが意見を述べ、生活者ネット1、共産3、かがやけ1、民主3が賛成。あとは全員反対でした。
    私たちの会以外に、「結婚・出産等に係わる議員の言動、女性の人権研修、および両立支援についての陳情」など6件も不採択でした。
    都議会運営委員会の内訳は、共産3、民主3、生活者ネット1、かがやけ1、公明4、自民10(議長も含む)、維新1の合計23人。議長は自民の村上英子(渋谷区)。
    都議会議席は126。自民56、公明23なので、自公がもめなければ軽々過半数という状況です。
    都議会最終日は12月25日、ここでもう一度形式的に不採択が確認されるそう。

  • 都議会で女性差別発言 その後

    投稿 10月 13th, 2014

    6月18日に、東京都都議会で「早く結婚した方がいいんじゃないか」などのヤジ発言が議場で起きました。
    順不同ですが、以下に簡単な記録を載せました。
    続きを読む »

  • 「ヤジ問題」都議会請願署名を提出 署名は4020筆!

    投稿 10月 4th, 2014

    みなさま
    2014年10月3日に、「ヤジ問題」請願署名を都議会に提出してきました。ご協力ありがとうございました!!!議会運営委員会の審査は11月下旬ということなので、都議会本会議にかけられる日程が決まり次第、またお知らせします。 署名も締め切らせていただきました。                                公人による性差別をなくす会

                                                                           

  • 2014年「ヤジ問題」都議会審議は10月に 署名は9月末までご協力をお願いします

    投稿 9月 24th, 2014

    みなさま

    9月都議会にヤジ問題の幕引きを許さないための請願を提出しますが、請願審議が10月以降になることがはっきりしましたので、
    署名用紙は9/30まで締切りを延ばしました。

    署名は現在1400名ほどになっています。9月末まで集めていますので、どうぞ協力をよろしくお願いします。

    以下にメールを送っていただけたら、すぐに請願署名用紙と署名実施要領をお送り致します。
    nakusujim@yahoo.co.jp 

  • 2014年9月都議会に請願へのご協力のお願い

    投稿 8月 7th, 2014

    公人による性差別をなくす会では、9月都議会にヤジ問題の幕引きを許さないための請願を提出します。
    請願の内容は、次の2点です。
    ①都議会にヤジ問題の調査委員会を設置すること。
    ②都議会会議規則第13章「紀律」に「(人権侵害の禁止)議員は、人権侵害・差別の言動をしてはならない」を加えること。

    請願の紹介議員には今のところ、生活者ネットの3人と共産党の17人の都議が署名してくれています。
    全会派に紹介議員のお願いをしましたが、公明党・民主党には、”党として考えていることがあるので”と断られました。
    自民党は”党としては関知しないので議員に個別に当たるように”とのことでした。
    他の会派は返事待ちです。(紹介議員はあとで追加ができます)。

    請願は都民に限らず、内容に賛同する人の署名を付けることで、多数による請願となります。
    ぜひ多くの署名を集めてドーンと都議会に持っていきたいと思います。
    この請願は議会運営委員会に付託されることになりますので、追ってその傍聴もご案内します。

    ぜひ署名にご協力下さい。
    請願署名用紙と署名実施要領をお送りします。
    nakusujim@yahoo.co.jp 
    上記アドレスにメールをください。

    署名の締め切りは第一次が8月24日、第二次が9月10日です。